外構お役立ちコラム

群馬県で自宅の外構工事を検討されている方へ外構お役立ちコラム

外構工事の基礎知識

外構工事には3つのスタイルが゚あります。

①クローズ外構

クローズド外構とは、通常、道路や近隣などからの視線を遮断することができるような、塀やフェンスで敷地を囲い、入り口には門扉を設ける外構のことです。
クローズド外構のメリットは、プライバシーを確保でき、心理的に侵入しずらい点です。
囲まれているので、視線を意識することなく過ごすことが可能で、洗濯物干しなども気にすることなく、幼い子供やペットも安心して庭で遊ぶことができるでしょう。
デメリットとしては、敷地が狭くブロックを高く積み上げるプランなどでは、閉鎖的な雰囲気となってしまったり、
圧迫感を与えてしまうというケースもみられます。また、外からの死角が生まれてしまうこともあるため、防犯面で不利になってしまう場合もあります。
フェンスや門扉などのエクステリア建材商品を取り入れることも多いため、コストがかかります。

②オープン外構

一般的に敷地の境界線に門扉やフェンスなどを設けない開放的なエクステリアプランのことです。
欧米などの郊外住宅などでよく見られるプランですが、メリットは、芝生や草花、樹木などを植えることで住まう人にも道路を通る人にもお庭を楽しんで頂けます。
開放的なイメージで、狭い敷地でも広々と感じられます。
光や風が通り抜けやすく、自然なイメージです。
プランによりますが、門扉やフェンス等、エクステリア建材を多く用いないので、費用を抑えることができます。
デメリットは、簡単に侵入されやすく、道行く人や近隣からの視線です。
洗濯物干場の位置なども、プライバシーを確保するための対策が必要です。
幼いお子さんがいらっしゃる場合、道路への急な飛び出しの恐れがあることなども注意しなければなりません。

③セミクローズ外構

オープン外構の開放感とクローズ外構の防犯性を適度に兼ね備えた外構工事のスタイルです。
開放的な門周りにしながら、必要な箇所に目隠しを設置しプライバシーを確保するなど、日本の住宅事情にマッチした外構のスタイルです。
塀やフェンスを比較的低め設けたり、門扉を設置せずアプローチに機能門柱などを組み合わせたりとオープン外構とクローズ外構のメリットを融合した外構です。